マイホームとの違いを知っておこう

一軒家

広島で賃貸を選択する人は若年世代に多く、これはマイホーム志向が低い傾向があるためです。一方で中年から高年と年齢が上になるほど、マイホーム志向は上昇していきます。マイホームがほしいと考える人は、家は資産であるという認識がある、賃貸を借りられなくなっても住む場所に困らない、などのメリットを感じているわけです。ただし住宅には定期的なメンテナンスが必要ですから、長期的に見て賃貸よりもお得とは言い切れません。修繕やリフォームはまとまった費用がかかることが多く、大規模な工事になると数百万円に達することが多いでしょう。修繕は住み続ける以上は必ず発生し、例えば屋根や外壁はいずれ塗り替えが必須となります。広島で賃貸物件を利用する場合、すでに完成した住宅から絞っていくことになるので、生活シーンを想定しやすいのが特徴です。複数の物件を比較検討するのに都合がよく、細かな条件を比べながら理想に近づけていけます。生活スタイルに応じて住み替えをするのも容易ですから、結婚したときや子どもが増えたときなどに柔軟に対応できるでしょう。広島の賃貸物件は広島という気候風土に合わせたつくりになっており、他の都道府県から引っ越しをする状況では、注文住宅を建てるよりもリスク管理の面において優れています。

気軽に契約できる点が注目されている

女性

引っ越しを頻繁にする家庭ですと、マイホームより賃貸を選んだほうが合理的でしょう。広島で賃貸物件を選択する人は、気軽に引っ越しができる、修繕やリフォーム費用が原則として発生しない、経済力に合わせた物件選びをしやすい、などの点に魅力を感じています。確かに賃貸だと自己所有にはなりませんが、高額のローン契約をする必要もありません。近年は住宅ローンの支払いを滞納する人が目立っており、これは生涯において収入が安定しない人が増えているためです。サラリーマンになれば安泰と言われる時代は終わり、それに伴って住宅ローンの返済に苦しむ人が増えてきました。賃貸物件の設備は一般的にマイホームのそれよりもグレードが下がりますが、設備関連に関しては大家さんと交渉すれば、リフォームが許可される場合があります。例えばエアコンのグレードを上げたいと交渉すれば、応じてもらえる可能性があります。広島で賃貸物件を住んでいる人のなかには、将来的にマイホームを建てたいと考えている人が少なくありません。一般的にマイホームを購入する場合、建物の価格の2割程度を頭金として用意するのが好ましいと言われています。そこで頭金を確保するための期間だけ、住宅を借りるという選択をする人がいるわけです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中